会員が作る触媒について

1-1  石油をきれいにする触媒(水素化脱硫触媒)

こういうところで使用されています

石油をきれいにする触媒(水素化脱硫触媒)は、石油コンビナートの中心となる石油精製会社の製油所で使われます。製油所は原油から石油化学原料、ガソリン・灯油・軽油などの燃料、その他の化学原料を生産します。水素化脱硫触媒は、主に原油の重い(沸点が高い成分:重油)成分を除いた成分から不純物(硫黄)を取り除くために使われます。

触媒が必要な理由

原油は、沸点により分留され沸点の低い成分から最終製品としてガソリン・灯油・軽油となります。これらの製品は日本工業規格(JIS)により仕様が決められていて、その中で不純物(硫黄分)をある濃度以下にすることが規定されています。水素化脱硫触媒は、それぞれの留分から不純物取り除くことにより、環境汚染防止に役立っています。

触媒の画像

【画像】1-1  石油をきれいにする触媒(水素化脱硫触媒)

この触媒に関連する技術的コラムを見る

ページトップへ