会員が作る触媒について

4-3 硝酸をつくる触媒(硝酸触媒)

こういうところで使用されています

肥料、爆薬、その他様々に使用される硝酸の製造プラントで「白金触媒網」と呼ばれる触媒は使用されています。

触媒が必要な理由

硝酸はアンモニアと酸素を混合したガスを反応させて製造されます。この反応は高温(主に750-900℃)が必要であり、またガスは高速で触媒に接触させねばなりません。そのための触媒として高温に耐えられる白金で作られた極細線を網状に編んだものを使用します。この網を何枚か重ねてプラントに設置します。高温で熱せられたこの網の層をアンモニアと空気の混合ガスが高速で流れることで効率的に硝酸を製造することが出来ます。

触媒の画像

【画像】4-3 硝酸をつくる触媒(硝酸触媒)

この触媒に関連する技術的コラムを見る

ページトップへ